Peated Beans

日々の暮らしを豊かにする情報をまとめるブログ

【コスパ最強】カラーボックスで作るキッチンボード

こんにちは!ピートです。
家を買ってからDIYを楽しんでいます。
僕も素人なので、設計図を描く所から悪戦苦闘しています(笑)

嫁とも相談した結果、既製品を使ってうまくできないか?という所で検討しました。

カラーボックスをうまく使おう

最初は板を買ってきて、塗装して棚を作って…
という所を考えていましたが、相当な労力がかかりますし、労力の割にクオリティの高さが担保できないため、断念しました。
そこで思いついたのがカラーボックス。

カラーボックスの上に天板を敷いてしまえばいい!!

カラーボックス自体はネットで購入するほうが安いし楽です。(店頭で買ってもいいですが、結構重い)
組み立ての時は、以下のような電動ドライバーが必須。
大は小を兼ねるので、僕は奮発してコードレスのインパクトドライバーを買いました。
先端をドリルにも交換できるので、最高です。


天板もネットで買おう

僕は以下から購入しました。
対応も非常に丁寧で、角の加工も行ってくれます。
https://shop.woodworks-marutoku.com/

いざ!!搬入と組み立て

まずはカラーボックスから先に組み立てます!

カラーボックス

インパクトがあれば一瞬で作れる。
これが手動だったら本当にキツイと思います。
絶対に電動ドライバーが無いと無理だし、増し締めができるインパクトは必須だと思います。

天板

幅1.8メートルなのでかなり大きい…
ゴムの集成材ですが、相当な重量があります。多分20キロ位。
ネットでミリ単位で天板を注文できるお店で頼みました。
厚さ3センチで頼んだので重厚感があります。
重さがあるのでねじ固定する必要もないかと思いますが、気になる人はしたほうが良いかなぁ。