Peated Beans

日々の暮らしを豊かにする情報をまとめるブログ

【COMSA】受取方法はNEMトークンとETHトークンのどっちが良いのか?

COMSAトークンがついに配布されます。

11月30日に受取可能、12月4日にZaif取引所で取引可能になっていきます。

 

さて、今回はCOMSAトークンを受け取る際に選択を迫られる受け取るトークンの選択基準について考えてみたいと思います。

 (個人的な見解です。)

 

◆目次

 

選択を迫られるコイン

f:id:iwanori65:20171127205910j:plain

上記2つのトークンのうち、どちらかを選択する必要があります。

 

ERC20の特徴

そもそもICOはイーサリアムやネムのブロックチェーン技術を利用して実行されることがあります。

イーサリアムもネムも、新しいサービス開発に向いたブロックチェーン開発が簡単にできるためです。

この、新しく発行されたイーサリアムのトークンのうちの一つがERC20です。

イーサリアムトークンの中ではICOに多く利用されており、今回のCOMSAでも使用されています。

ZaifでもERC20/JPYでの取引が可能となっていて、当然Mosaic/JPYとは異なった価格が予想されます。

仮にERC20が他取引所で取り扱い開始になった場合は、Zaif以外の場所でも取引が開始される可能性があります。

仮想通貨の中でも時価総額が高いイーサリアムのトークンということであれば、Mosaicよりも、他の取引所での上場が行われる可能性が高いと思われます。

 

Mosaicの特徴

ERC20はイーサリアムでした。

Mosaicはネムのトークンです。技術的には違いますが、概念としてはERC20と同じトークンになります。

Zaifでは国内取引所の中でもXEMの手数料が安いため、XEMファンがある一定数存在していると思っています。

そのZaifで取引されるため、他取引所で上場されるまではMosaicの方が買いが走るのではないでしょうか??(予想ですが)

 

 

両方選ぶことはできない

これらを50%ずつ受け取るということはできません。

必ずどちらかを選択する必要があります。

12月4日の取引開始まで時間がありますので、よくよく考えて受取実行するのがよいかと思います。

 

結局どっちがいいんだっけ?

  • 長期ホールド=ETH
  • 短期トレード=XEM

だと思ってます。

これは感覚に近い。どちらも価格変動があるのは間違いありませんが、

僕は短期トレードのつもりなのでXEM。

結局個人の判断になりますので、よくよく調査して受け取ることをお勧めします。

(大事なので二回目)