Peated Beans

コーヒーとクライミングとウイスキーと仮想通貨が好き

ボルダリングで強くなるたった1つの方法

 

f:id:iwanori65:20171106102628j:plain

 
ボルダリング人口が増えてきた。
ブームに乗った人も、そろそろ5級くらいにチャレンジしているころじゃないでしょうか
超初心者を脱出した方々が強くなるために必要な事は一つだけです
 

ケガしないこと

 
これです。大体5級~3級はポケットが出てきたり、スローパーが出てきたりして、
指や手首を痛める場合が多いです。
最悪の場合ドクターストップも…(私はドクターストップ直前までいった事があります。結果、2か月クライミングできないことがありました。。。)
面白さに目覚めたボルダリングでケガしてしまうのはもったいないし、
成長スピードも低下します。
ケガしないためには以下。必ずやりましょう!
 

テーピングする

テーピング=強い人限定みたいな風潮があるようですが、誰も気にしてないです。
積極的にやりましょう!
やり方は以下にありますよ!
 

 

カチ持ちしない

カチ持ちを覚えると持てるが故に多用しがちですが禁物。
基本はオープンで持ちましょう。
指への負担がなくなり、筋力も付きます。
 

足を使う

足で蹴って登るクライミングを目指しましょう。
強傾斜ばかりやってると足が下手になります。
たまにはスラブにも行きましょう!
 

ストレッチとアップを必ずやる

初心者でありがちなのは、前回来た時にできなかった課題を来ていきなりやる

というパターンです。

これ、マジで危ないです。

自分の100%の力を0%から一気に出す事になります。

寝起きで100m全力ダッシュするのと同じですよ。 

やりたい気持ちはわかりますが、自分の限界グレードの-3つ位の課題を3つやってからやりましょう。

 

 

上記を守れば週5でジムに行くことも可能↓

 

iwanori65.hatenablog.com