Peated Beans

日々の暮らしを豊かにする情報をまとめるブログ

カフェ経営って儲からないよって話

 
某企業が副業OKになりましたね。
仮に副業したらということで、喫茶店設立の事業計画を作ってみました。
そして結果から言うと、今よりも給料下がります。(サラリーマンの平均年収以上に持っていくのはかなり難しい)
現状サラリーマンだっていう人で、開業目指してる!っていう人は、収支計算できる人に一度シュミレーションしてもらうといい。現実がよくわかるよ!
 
※補足しておくと、この記事は飲食業界自体を批判しているわけではないです。
 
利益上げようと思ったら以下しかないです。
 
・多店舗化(チェーン化)
・単価増(フード追加)
 
飲食業界の定番ですね。
そもそも参入障壁が低くて、回転率も悪い、単価も低い喫茶店業界じゃ得られる利益の最大値も低いってもんです。
あ、固定費削減っていう手もあるでしょうが、固定費(=家賃)削減は来店顧客数にモロに影響するので、いじるパラメータとしてはリスクがありすぎる。
 
世間の感覚的にどうなのだろうか。カフェ開業。。。
 
珈琲関連でビジネス(副業レベル)やりたいって人は、喫茶店開業は選択肢から外したほうがいいんじゃないかなぁ。
 
やりたい気持ちはすごくよくわかるけどね。