Peated Beans

日々の暮らしを豊かにする情報をまとめるブログ

ボルダリング初心者はカチ持ちをやめろ

 
最近ブームですね。
僕の周りでもボルダリングやってみたいという人がチラホラいて、一緒に行ったりします。
ボルダリングにハマって、うまくなりたい!って人も多いんじゃないかなぁ。
 
大体初心者がぶつかる壁はスローパーやカチだったりすると思うのですが、この時にカチ持ちのやり方を教えている人がいます。
この前のロッキーでも見た、、、
 
これ、マジでやめたほうがいいと思うよ。
指痛くなるから。
確かに持てる。登れる。でもクライマーとしての寿命を削ってると思います。
基本はオープンで持つっていうことを意識してるクライマーの方が、カチに強かったりします。
そもそも前腕が発達しているからなのかわかりませんが。
 
そして接骨院の人に聞いたのですが、カチ持ちは指の関節に超悪いらしいです。
 
指の力が無い初心者が関節に超悪い事したらぶっ壊れるのは当たり前ですね。
指が壊れてもいい!という状況にならない限りは使っちゃいけないよ。と教えてあげたほうが、その人のためなんじゃない?
 
かくいう僕は、ネットでカチ持ちのやり方を知り、スローパーですらカチ持ちするようなやつでした。
結果、現在慢性的な指痛+途中までしか曲がらない中指が生まれました。
オープンで持つことを意識してからは、痛みが減り、グレードも上がりました。