Peated Beans

コーヒーとクライミングとウイスキーと仮想通貨が好き

スコットランド一人旅に行く(オーヘントッシャン編)

ウイスキーネタです。

スコットランドから無事帰国いたしました。いやぁーよかった。
ラストはお土産編やろう。
その前に、アイラ島以外の蒸留所ってことで。

唯一行ったのはオーヘントッシャン
グラスゴー空港からアイラ島への飛行機が飛ばず半日時間があったので行ってきました。

グラスゴー空港から片道25分位ですね。
乗り継ぎ無し、空港の目の前から出てるので簡単に行けました。

到着直後にツアーが始まるという奇跡だったので参加。
10ポンドで試飲(2杯)+ミニカップ+ツアーという感じです。

外観はとてもきれい。

f:id:iwanori65:20171003163956j:image

 

マッシュタン・ウォッシュバックの見学。

f:id:iwanori65:20171003164024j:image

f:id:iwanori65:20171003164039j:image
ウォッシュバックは中身まで見ることができ、ビールのあの香りが漂っておりました。
英語でのツアーですが、ウイスキーの基本的な作り方がわかっている人であれば、なんとなく理解できます。

 

ポットスチル。

f:id:iwanori65:20171003164057j:image
オーヘントッシャンの最大の特徴、3回蒸留です。
ポットスチルの大きさが違い、右の窯が初留窯のようです(リスニングが正しければ)
ローワインの香りも嗅げたりして、とっても有意義でした。

ちなみに、樽の貯蔵庫は撮影禁止でしたので記憶にとどめております。
3段重ねでした。

 

最後に試飲。

f:id:iwanori65:20171003164117j:image
オーヘントッシャンのスリーウッドと、カクテル。
カクテルは激うま。(レモンジュース+ウイスキー+ビール(IPA)+砂糖)
ビールはグラスゴーに2014年位にできたクラフトビール、「DRY GATE」のIPAでした。(奥に写ってるやつ)
これがめちゃくちゃフルーティー。
これがマンゴーやパイナップルの代わりとなり、超絶フルーティで飲みやすいカクテルになってました。
面白い組み合わせ。普通のビールでやったらあまりおいしくないんだろうなぁこれ。

 

最後はショップで蒸留所限定のオロロソカスクフィニッシュのミニボトルを購入し終了。一瞬で売れていました。
グラスゴーから近い蒸留所なので、団体ツアーもあるようです。
私が終了した直後、大型バスでやってきていました。
このツアーに当たらなければ予約不要かなぁ。もちろんツアー予約したほうが無難ですが。ここは運ですね。

 

ちなみに、アジア人は私だけという特殊環境(笑)
サントリーが親会社なのに、、、
オーヘントッシャン、人気ないのかな。。。結構好きなんだけど。クリーンで良いウイスキーですよ。
僕はナッツ感を感じるのだけど、人によってはフルーティという感じらしいです。
ハイボールにしてもGOOD。もちろんストレートでもおいしい。

ちなみに、12年は比較的コスパに優れているウイスキーかなと思います。
僕の中では、美味くてリーズナブルなウイスキーの内の一つです。
(ちなみにもう一個はオールドプルトニー)

ローランドのウイスキー飲んだこと無いという方の一歩目、
また、癖の無いクリーンなウイスキーを求めている方にはぜひおすすめしたい。

もし、グラスゴーで時間余っちゃったーという方は見学行く価値、アリですよ。

 

関連記事↓

 

iwanori65.hatenablog.com

iwanori65.hatenablog.com

iwanori65.hatenablog.com

iwanori65.hatenablog.com